Placeholder image

WRX STI VAB
FSW  
TC2000

3代目アタックカーとして購入したWRX STI VAB ユーザー目線のアタックカーをコンセプトにチューニングを行う。 ターゲットレギュレーションは、レブスピードが主催しているタイムアタックイベント 筑波スーパーバトル内のスーパーストリートクラスに準じたチューニングを行う予定。 限られた条件の中好タイムを狙うカテゴリーなので、足回りのセットアップやブレーキ、 タイヤの選定などが大きく勝敗を左右する。 チューナーとしてはセッティング能力の見せ所でもあるカテゴリー。 新型WRX STI VABは今後のカスタマイズの進捗も随時交換予定なので注目だ。

VAB demo attack


VAB photo gallery



Placeholder image
WRX STI GVB
FSW  1`54.8
TC2000 1`00.3

富士スピードウェイで開催されているタイムアタック競技Fisco Special Stage Traialのレギュレーションに合わせて作成されたユーザーデモカー。サスペンションのセッティングはTPS Design.サスペンションシステムを使いアドバンA050GSタイヤを使いこなせるようにセットアップしている。エンジン出力は400馬力程度で決してビックパワーと呼べないが、トータルバランスで速いクルマに仕上げている。ブレーキ周りは安定したストッピングパワーを得るためにエンドレス6POTキャリパーを装備。ローター径はφ355まで拡大して富士の1コーナーや300Rでも安定した制動力を発揮させている。このデモカーに対する澁澤メカの思いは強く、自身の手がけたクルマに抜かれるのは本望とし、乗り味はプロ仕様では無く一般ユーザーでも扱いやすいバランスの良い仕上がりを目指し現在もチューニングを進めている。

GVB photo gallery


Placeholder image

インプレッサ GDA
FSW  1`52.9
TC2000 1`00.3

お客さんの下取り車から始まったデモカー。澁澤メカの愛機でもあるGDAは、GDAのメリットを最大限に生かすべくパワーに頼らず軽さを武器にしたチューニングを中心にセットアップされている。軽さを重視する観点から現在でも、5MTミッションにこだわりセットアップし、ギヤ比は独自の組み合わせにより富士スピードウェイ向けに変更されている。こちらの車両も富士スピードウェイ主催のタイムアタック競技Fisco Special Stage Traialに合わせた仕様にセットアップされている。パワー系に関しては、最小限のチューニングにとどまり、タービンは純正加工タービン、エンジンは2015年中盤に、チューニングエンジンが不調になり最終戦はスペアのGDBスペックCのノーマルエンジンに載せ替え参戦。そんな状況下でも52秒台をたたき出し2位表彰台を死守パワーダウンを感じさせない走りは軽量化チューニングとトータルバランスを突き詰めたチューニングの成果だと考えている。

GDA photo gallery

株式会社トータルプロショップ
ゼロマックス南関東店
〒252-0344 神奈川県相模原市南区古淵1-31-16
P: (042) 707-0361
zeromaxask@zeromaxminamikantou.co.jp